緑花瓶

2020年4月21日

※花器カテゴリは、管理人が自分の所有花器を管理するために作成しているものです。(何らかの方法で管理しないと、持っているのを忘れることがあるので)


父が買ってくれたものです。値段は忘れましたが、1万円でちょっとお釣りが来るくらいだったような気がします。この器は、川越の「陶舗やまわ」というお店で買いました。考えたら、「父と器屋に行き、選んだものを買ってもらった」ということは、これ一回きりかもしれません。

なぜまた父と川越に行ったかというと、あるいけばな書籍のための撮影場所を探していて、父が
「川越の店だったらなんとか都合してやる」
というので、そろって現地に行ったわけです。そこで、
「せっかく来たので、一点買いなさい」
と言われ、選んだのがこの器でした。

私は、この器の色と、表面の質感が気に入って、ほとんど悩まずにこれを指定しました。気に入りの器ですが、まだまともに使ったことがありません。そのうち、展覧会などの機会で使おうと思っています。

器の裏は、こうなっています。

この器、作家物です。買ったときには、作者の名前が付いてたと思うのですが、現在は分からなくなってしまいました。
ところで、底の文字は、何ていう字ですか? それとも、字じゃないの?(どの向きから見るのかもイマイチ分からない)

参考までに、この器を買ったお店のサイトを紹介しておきましょう→陶舗やまわ:陶芸教室もあります。

ちなみに、私が撮影地の手配をした書籍は、「花法楽」といい、まだ残部があれば、草月流の売店とか、草月展の出口の書籍コーナーで買うことができます。(私の作品写真が載っているわけではありません。私は撮影地を用意しただけです)