JENGGALA ミニ花瓶

2020年4月9日

※花器カテゴリは、管理人が自分の所有花器を管理するために作成しているものです。(何らかの方法で管理しないと、持っているのを忘れることがあるので)


タイのお土産にいただいたものです。器の裏を見たら、「JENGGALA」でした。アジアンなブランドです。もっとも、ブランド名を見なくても、陶器の肌で「アジアンな感じだなあ」というのは分かります。

この花瓶は、手のひらに乗るくらいの、ごく小さな一輪挿しです。花を1本とか、葉っぱを1本みたいな飾り方が、シンプルでおしゃれなような気がします。
そもそも、口が小さいので、あまり多くは挿そうったって挿せません。

こういう、口の小さい花瓶は、入れる本数の制約はありますが、どうやっても花が立ってくれるので、素人さんには飾り易いと思います。
花の素人飾りにおいては、「花器の口の大きさ」というのは重要なポイントなので、自分で器を買うときには、色やデザインと同じくらいに「口の大きさ」に注目するべきです。(どんなに生けにくくても、それを楽しんで生けられる人は別です)

なんか、お酒の徳利のようにも見えますね。

この花瓶は、大きさが手のひらサイズなので、いけばな的に使いこなす可能性は低いです。
恐らく、本当の意味で一輪挿しとして日常的に使うことになると思います。色・形・口の大きさともに、どんな花材にも合いそうで、使い易いミニ一輪挿しになるでしょう。