トレリス 3種類(100均ものと、アイアン製)

2020年5月29日

うちにあるトレリス3種類です。

100均の木製トレリス(ダイソー)

100均トレリス ダイソー

ダイソーにて100円でした。高級感のあるシロモノではありませんが、お値段以上の見た目になっているように思います。
このトレリスの素材は、ラベルに「焼き杉」と書いてありましたので、杉材です。焼きは、本焼きのはずがないので(100円だし)、薬品仕上げだと思うのですが、木の肌の様子には、特に不満はありません。

これはたしか、育てていたアイビーが伸びてきたときに買ったという記憶があります。とにかく安く済ませようとした結果、ダイソーで買うことにしたのでしょう。

買ったときには、「100円だし、どうせすぐに劣化するのだろう」と思っていました。しかし、もう6年くらい使っていますが、劣化の兆候すらありません。同じような大きさで、1,000円や2,000円するようなトレリスに比べても、何ら遜色ないと感じています。要するに、私には良い買い物でした。

100均プラスチック製トレリス(ダイソー)

うちには、100均トレリスはもう一つあります。下は、実際に使っている画像です。

100均トレリス ダイソー

プラスチック製なので、上の項の100均トレリスと比べると、明らかに安っぽいです。そこにだけ目をつぶれば、100円以上の働きをしてくれています。

このトレリスも、もう8年以上使っているのに、色が褪めてきた以外は劣化が見られません。
そして、このトレリスは長さの調節ができるようになっていて、二段階の長さで使えるという機能があります。

つまり、うちでは二種類の100均トレリスを使った結果、「どっちも、非常に使える」という感触を得ました。小型のトレリスであれば、私は今後も100均で済ませてしまおうという気になっています。

アイアン製 トレリス

長っぽそい画像ですみません。

トレリス

蔓バラ用に買ったトレリスです。楽天市場で、1,522円で買いました。商品名としては、「スリムフェンス」となっていたので、本当は何本か並べてフェンス風に仕立てるものなのかもしれません。

蔓バラをからませるのに、私は100円ショップで買った園芸用支柱とか、麻紐とか、ワイヤーとか、番線とか、色々使ってみたのですが、「もっとしっかりした枠になるものが欲しい」と思い、ある日トレリスかオベリスクに乗り換えようと決めました。(参考:オベリスク

トレリスも、オベリスクも、商品としては色々あって、私が求めた条件は、

  • 6号スリット鉢(直径18cm)におさまる
  • 高さは、最低でも1m欲しい
  • 耐久性のある素材がいい
  • できるだけ安い方がいい
  • ざくっと土に挿しこむだけで設置できるものがいい

という5点でした。
この条件にかなうものを求めて、リアル店舗もネットショップも探してみて、最終的には楽天市場で購入しました。
検討した結果、オベリスクではなくトレリスになったのは、単純にお値段の問題です。

トレリスの材質には、木製・プラスチック製・竹製などもあるのですが、耐久性のあるものが欲しかったので、鉄製にしました。

↓実際に使っている画像です。

土にさくっと挿すだけで、簡単に設置できました。
上の画像では原種系バラに使っていますが、現在はサンキライの鉢に使っています。

私は、このトレリスのスリムなところもデザインも、非常にお気に入りだったのですが、買って7年ほどたったときに片足が折れまして、現在は土に挿さずに、壁に立てかけてその前に鉢を置いて使っています。

なんと、二種類の100均トレリスよりも早く、園芸店から買ったアイアントレリスが劣化してしまいました。
今後はできる限り100均でいいや……と思いました。