自分が使った花材事典:デルフィニウム(青 エラータム系)

長いです……。

いや、エラータム系としてはびっくりするほど長いわけではないのですが、一般家庭に持ち込むと非常に長いです。せっかくだから切らずに玄関に生けようとして、つっかえました……。

上の画像のデルフィは、1本ではありません。

2本分です。

エラータム系のデルフィは、すでに水色をアップしています。水色のほうの記事で、「1メートルくらいの長さのデルフィもあります」と書いていますが、今回のデルフィはまさにそれです。

色も濃く、花がぎっしりと詰まって、良いデルフィでした。

私は、デルフィは大好きなのですが、ひとつだけ文句があるとすれば、茎ですかね……。

デルフィの茎は中空なので、意外と弱く、背の高いまま数日飾っておくと、茎の途中からぐずっと折れてくることがあります。
豪華な花が折れると、見た目がものすごく残念に見えます。お店などに生けるときは、この花一本が折れるだけで台無しになりますので、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。