白投入花器

2020年4月15日

※花器カテゴリは、管理人が自分の所有花器を管理するために作成しているものです。(何らかの方法で管理しないと、持っているのを忘れることがあるので)


実家から発見された投入れ筒です。すごく昔に、どこかからいただいた花器だと思われます。母の友達のだれかから譲られた可能性が高いです。
よく観察すると、そこそこ使い込まれた器で、よくある「買ったけど、ろくに使わずにしまいこまれた悲しい道具」では絶対にありません。

すごく基本的な投入れ用の器

ただまっすぐで、余計な模様もないシンプルな器です。どんな花材も受け止めてくれて、和室にも洋室にも置け、便利に使えます。
また、シンプルなので、投入れの技術、つまり花瓶に花材を留める技術を練習する器にも向いてます。

私は以前、この花器のような、白いシンプルな投入れ筒を一つ所有していました。しかし、長いいけばな生活(40年ほどです)の中で割ってしまいまして、白いのを一本買い足したいな~と思っていたので、この器が発見されてよかったです。(今思うと、同じような白の投入れ筒を所有していたために、この器はしまわれて忘れ去られた、ということになったのでしょう)

年月が染み付いています

この投入れ筒は、私が見たところ、20年や30年は確実に経っています。汚れのつき方、ほんの少しの欠けとも言えないような欠け、製造元のシールをはがした跡の様子などから、それがわかります。
多分、本当は30年どころではなくて、40年とか50年経っているんじゃないかと思われます。

恒例の「口径チェック」

恒例の「口径チェック」をしておきます。
↓こんな感じです。

使いやすい口径だと思います。