キャンディーポット

2020年3月15日

※花器カテゴリは、管理人が自分の所有花器を管理するために作成しているものです。(何らかの方法で管理しないと、持っているのを忘れることがあるので)


これは、人様にいただいたものです。で、その方も、どこかから貰ったものだそうで、いくらぐらいのものなのか、どういうお店で買ったのか(業務用? かわいい系雑貨店?)、まったく分かりません。

私にこの器をくださった方は、何にも、一度も使用しなかったそうです。
「米びつにしようかとも思ったけど、今使っている米びつが健在なので、結局、場所を取る邪魔者になってしまった」
とのことでした。
その前の持ち主さんは、一体何に使っていたものやら、観察しても分かりませんでした。もしかしたら、その方も使っていないのかな?という気配を感じます。ひょっとすると、意外にも新品なのかもしれません。

このキャンディーポット、高さは30cmくらいです。
前の持ち主さんのように、米びつにしようとすれば、多分5キロくらいは入ると思います。私は、この器が家に来たときに、「これは、花器じゃなくて、私も米びつにしようかな」と思ったのです。

そう思う最大のポイントは、画像を見れば分かりますが、ガラス面に文字が入っていることです。「peanut」とか書いてあって(本当は豆類の保存用ジャーなのかもしれません)、このような文字が入っていると、いけばな使用は限りなく難しいものになります。
でも、いけばな以外の、例えばドライアレンジなどは、かえって文字を利用し、カントリーテイストなど演出しちゃうという手がありますので、花仕事にまったく使えないわけではありません。

↓蓋を取ると、こんな感じ。

口は、非常に大きく、18cm弱くらいあります。これは、花を生けるにはやや大きすぎて使いにくい部類に入ります。
……たった今思いついたのですが、これ、テラリウムの容器にしようかしら。それが一番使いやすそうな気がしてきました。

もしもかっこいいテラリウムに仕立てることができたら、後日その画像を追加しておきます。