自分が使った花材事典:スーパーレディローズ

2019年6月12日

以前にも、スーパーレディはアップしています。前にアップしたのは、「スーパーレディピンク」です。今回は、「スーパーレディローズ」です。

スーパーレディローズ

ピンクじゃなくて、「ローズピンク」です。

びっしり花がついています。
スーパーレディローズ

スーパーレディは、HBスターチスと言われるものです。スーパーイエローキノブランも、この系統です。
HBスターチスの特徴は、枝分かれが多く、その分ボリュームが出て、しかも色の展開が豊富なことです。従来のスターチスと比べると、圧倒的に花束に導入しやすく、そのおかげで消費を伸ばしています。

家に置いてみて思うことは、単体で花瓶に放り込んだ場合、従来のスターチスは安物感が大きいのに、HBのほうにはそれが無い、ということです。枝つきと、見慣れない色があるだけで、こんなに安物臭を追い払えるんだと思うと感心します。

スーパーレディもスターチスなので、簡単にドライにできます。

これ、乾いた後です。
スーパーレディローズ
まったくお変わりにならない! すばらしい!

全然色あせないローズピンク。
スーパーレディローズ

茎の部分も、ドライになりたての頃はきれいな緑です。
スーパーレディローズ
ドライにするときに、手をかける気があるなら、細かい葉っぱを取っておくと仕上がりがきれいです。(上の画像は、細かい葉っぱを付けたまま乾かしたものです)

【追記】
このスーパーレディのドライは、リースに仕立てました→本サイト:スーパーレディ(ハイブリッドスターチス)のリース