金網

2020年5月13日

だいぶ、くちゃくちゃになってます。

いろいろな使い方を試しているうちに、最初はピーンとして平らだった金網が、くちゃくちゃになってしまいました。要するに、形をつけて表情を出した方が、私には扱いやすかったということです。しかし、まっ平のままがカッコイイ場合もあると思います。

この金網は、東急ハンズで買いました。ロールで売っていて、2~3m買ったような気がします。
私は、これを展覧会の作品用に買いました。ウォーミングアップ用ではなく、ちゃんと本番で、二回ほど使っています。(例えば、こんな風に使っています)

こういう金網は、本来は何のために買うものなのかと思ったら、これで鳥小屋を作ったりする人がいるそうです。また、手作りインテリアに利用する人もいるそうです。しかし、これを使ってどんな手作りインテリアができるのか、私にはちょっと想像できません。

この金網、花屋さん鋏(ハンドクリエーション)で簡単に切れます。それが、この金網を選んだ大きな理由の一つです。
私はこれに、あちこち穴を開けて、植物素材を通して使ったこともありますし、破れ目をわざと広げて、破けた表情で遊んだこともあります。
結局、金網としてはだいぶやわらかいのだと思います。なので、切るのも簡単なら、小さく丸めるのも簡単です。私は、これをぎゅーっと丸めて、普段使いのバッグで持ち運んだこともあります。

ハンズのような素材屋さんや、金物屋やホームセンターに行くと、計り売りの金網はいろいろな種類が売っています。もっと目が細かくて薄いものも、もっと頑丈で固いものもあり、用途によって使い分けることができます。