唐草壷

2020年4月15日

※花器カテゴリは、管理人が自分の所有花器を管理するために作成しているものです。(何らかの方法で管理しないと、持っているのを忘れることがあるので)

唐草模様が、いい

いけばなの大先輩の財産であったものを、何点か譲られまして、そのうちの一つです。
私は、唐草模様の花瓶か壷がほしいと前から思っていたので、この壷は大変うれしかったです。

私は、なぜだか「蛸唐草」という模様が好きで、何度か蛸唐草柄の器は買おうと思ったことがあります。
しかし、自分が気に入るものと、自分が出せるお金が釣り合ったことが無く、ほしいのに一つも所有していませんでした。

私は、この壷を見たときに、
「やった、蛸唐草だ!」
と思ったのですが、人から聞いたところによると、この壷の模様は、正式には蛸唐草ではないのだそうです。

蛸唐草というのは、蛸の吸盤みたいなでっぱりが、片側にだけついているものを言うのだそうです。
この壷の柄は、両側にでっぱりがついていますから、蛸唐草の中には入らない、ということだそうです。

でも、私には厳密な「蛸唐草の定義」など必要なく、「これ良い!」と思ったものがほしいだけなのですから、「蛸唐草っぽい模様」のこの壷が、とても気に入っています。

胴の張り具合が良い

私が模様のほかに気に入った部分は、胴の張り具合です。
器の口はすぼまって、その下に肩がある形。しかも、まあるく張っている形が、ばっちり好みに合いました。

狭すぎない口

恒例の、「口の大きさチェック」です。

大体、6cmくらいです。(数字で覚えるよりも、手計りで覚えるほうが私には簡単なので、指で測るのが「恒例」なのです)

この大きさだと、枝でも花でも、口に放り込むだけではなかなか立ちません。しかし、ごく一般的な投げ入れ筒よりはずいぶん小さい口なので、留めやすいほうだと思います。