アクリル花留め

2020年2月23日

◆花留め比較シリーズ:アクリル花留め

見た目がかわいい、プラスチック花留め

アクリル花留め

アクリルで、花のような形に作った花留めです。単体でもかわいく見られるので、管理人は初めて見たときに衝動買いしてしまいました。

器の中に入れたり、器の口の部分に乗せたりして、 わっかの部分を植物の茎のひっかけどころとして使います。素人向けの、簡易的な花留めなので、仕事に使うというよりは、家で適当な花瓶に花を放り込むようなときに使っています。

画像の商品は、「フラワーフレンド」というものですが、別の名前・別のデザインで似たような商品はいくつかあります。

うちのアクリル花留めは、このくらいの大きさです。
↓ ↓ ↓

アクリル花留め

もっと大きいサイズも売っていた記憶があります。でも、自分が買ったものくらいのサイズが、一般的には使いやすいように思います。
透明なので、ガラス花器との馴染みが非常に良いところが気に入っています。

アクリル花留めは、簡単に使える?

素人用の道具ですので、誰にでも簡単に使えます。
ただし、「かなり簡易的な花留めだ」ということを理解して使うべきと思います。

この花留めで、どんな花でも、どんな器でも自由自在に留めていけると思ったら大間違いです。花の、「ちょっとした引っ掛け場所」くらいの意識で使う道具です。

上の画像のような装飾的なアクリル花留めは、見えても良いようなデザインになっているので、剣山のように隠す苦労は不要です。
使う花器や花材によっては、積極的に花留め自体のかわいい形を見せる生け方をすることもできます。

何回も使える?

何度でも使いまわせますが、透明な物体なので、汚れをためないように、その都度水洗いしながら使うのが良いです。(本気で洗いたいときには洗剤で!)

私は同じアクリル花留めを、かれこれ20年以上も使っていますが、その都度ざっと洗うだけで、今でもきれいなまま使えています。

アクリル花留め値段は?

大きさにもよりますが、大体800円~2,000円くらいが多いです。

アクリル花留めはどこで買える?

以下のようなところで買えます。

アクリル花留めは、どんな器に使えるのか

アクリル花留めは、色と質感から、ガラス花器との馴染みが良いです。

いくつか例を出しますと、

アクリル花留め
アクリル花留め
アクリル花留め

こんな感じに、ガラスの色や花器の形にかかわらず、いろいろなものに使えます。

陶器も、クラシックなものにはなじみませんが、シンプルなものには使えます。

アクリル花留めを、実際に使ってみる

では、実際に使用している画像を出していこうと思います。

たとえば、こんな鉢のような形のガラス花器に花を放り込むと……

ガラス花器

↑オアシスも剣山もないので、こんなことになります。
でも、アクリル花留めを花器の口に入れれば、下の画像のように、ドラセナの茎が立ってくれます。

アクリル花留め

ここに花も添えたら、全部の花材が寝ないで済みます。

アクリル花留め

このアクリル花留めは、アクリルのわっかの部分を植物のひっかけどころにして留めるものです。蔓ものなども、ほんのちょこっと引っ掛けられたら留まるのに、というようなときにこの花留めを使うと便利です。

わっかの中に、数本の束ねた花を入れると、器の中にほんのちょこっとだけ花を立てることもできます。
↓ ↓ ↓

アクリル花留め

わっかに植物の茎を挿しこんでいる様子がよくわかる画像を貼ってみますと……

アクリル花留め

↑わっかに挿してるだけ、ということがわかると思います。
上の画像に、花の1本や2本足してみると……

アクリル花留め

あっという間に盛花風のものができます。

管理人は、アクリル花留めをどう使っているのか

専門的な留めの道具としては、物足りない部分が大きいですが、気軽に生けるときには、今でもたまに使います。
画像の花留めは、使うと素人さんが割と喜んでくれるので、人が来るときによく使っています。