自分が使った花材事典:芍薬(ボタン色・翁咲き)

意外と、この手の芍薬が好きです。

中央に小さい花弁が密集する、「翁咲き」というやつです。(何ゆえ翁なのか私は知りませんが、多分理由があるのでしょう)

お稽古花で入ってくる芍薬は、このような八重咲きのほうが多いです。たしかに、八重咲きのほうがボリュームがあるので、一般の受けが良いのかもしれません。

しかし、翁咲きは、芍薬や牡丹の特徴的な花型ですし、一輪の花の中に変化がある形は、花材として魅力的だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。