自分が使った花材事典:ハナミズキ(赤)

ハナミズキ(赤)というタイトルにしましたが、赤というよりピンクかもしれません。

でも、一番濃い色の部分はこんな色なので……

まあ「赤」でいいかなと思いまして。

わりとよく知られていることかと思いますが、ハナミズキの一見花弁に見える部分は、花弁ではありません。ガクだか葉だかの変じたものです。本物の花は、「花弁に見えるもの」の真ん中にある細かい丸い部分です。

ハナミズキは、花材としては、そんなに気軽に入ってくるものではありません。かといって、超珍しいというほどでもありません。
お稽古花を豊富に扱う花屋、枝ものを豊富に扱う花屋、ちょっと面白いものを仕入れる花屋、くらいの場所でなら買えるものです。

一本の嵩はこんな感じでした。

枝つきも、ちょいと独特な曲線が入って、私は好きな枝です。

ハナミズキは、パカッと開いた花(ホントは花弁じゃないけど)が魅力なんですが、実を言うと、私が一番好きなのは、花の顔ではないんです。
私は、ココが好き!

わかります? これ、つぼみです。
なんか、和菓子のパッケみたいじゃないですか。和紙で何かを丁寧に包んだみたいになっています。

この和菓子パッケは、切花にしてしまうとほとんど開いてくることはありません。なので、開いている花がついてるほうがいいじゃないかという人もいるかもしれません。
しかし、私はこの形が好きなもので……

和菓子パッケが多めな枝に当たるとちょっとうれしいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。