自分が使った花材事典:チューリップ(赤)

ガラケー画像ですみません。
私のガラケー、骨董品レベルの古さなので、画質悪いです……。

ローズピンクみたいな色に見えると思いますが、本当はもっと赤いです。

なんと、一重咲きのもっともスタンダードな赤チューリップを、今までアップしていませんでした。(ユリ咲きとか、縁ありならアップしています)
こういう、「普通すぎて取りこぼされているもの」が、この花材事典にはたくさんあります。今年度はそういうのを重点的にアップしようかしら……。

このチューリップは、展示用花材として入荷したものです。なので、品としては悪くありませんでした。
展示するにあたって、葉をチョキでくるっと一回転させて切るという下処理をしたのですが、これに「フラワーアレンジメント派」と「いけばな派」のスキルの違いが現れました。
フラワーアレンジメント派のほうが、断然慣れていて上手でした。
私は、基本的には、いけばなとアレンジの中間の蝙蝠みたいな存在なのですが、この作業スキルについては「いけばな派」に属しました。私の場合は、天性の不器用が原因かもしれないです……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。