自分が使った花材事典:イワツツジ

西瓜の自由研究も、ssl化も、ちょっと置いといて、久しぶりに「自分が使った花材事典」です。

イワツツジは、花材としては初めて触りました。

「ほぼドウダン」に見えます。
私の知っている園芸物のイワツツジとは、どうも違うような気がするのですが、イワツツジにも色々あるのかもしれません。


葉っぱもドウダンぽいし……

枝つきも、ドウダンぽい。

「ドウダンです」で手渡されたら、ドウダンだと思い込む可能性大です。

でも、これを見れば、一目で「ドウダンではない」と分かります。

ぱっかり開いて、反り返る花です。
私は、なぜか反り返る花が好きなので、この花も気に入りました。


この花は、つぼみの時代がとても地味です。

上の、赤丸をつけたところにある、茶色いものがつぼみです。新芽だかなんだか分からない感じです。

やがて茶色い殻が取れて、白い色が出てくるけど……

それでもだいぶ地味。

ま、咲いたときも、そんなに派手ではないですけどね。
それでも、日がたったら結構な数が咲いてきたもので、「白いものがチラチラ見える」くらいになりました。

使い心地は、やはりドウダンに近いです。
ドウダンに比べると、イワツツジの方が本の少し風格があるようにも感じましたが、それが「イワツツジ本来の力」なのか、「商品のグレード」の問題なのか、初使いだったので、ちょっと分かりませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。