カーネーション20本のブーケ

2つ前の記事で書いた「花展用のカーネーション」は、単価100円のカーネを二色・計20本買ったものなんですけど、花展終了後に、全部をブーケみたいに束ねて飾りました。

花展で三日間頑張ってもらったものや、事前リハーサルに使ったものも含まれるので、何本かはくたびれた状態です。
カーネーションは、ちゃんと開いた状態の花が20本もあると、ど素人の方が束ねても、丸くブーケみたいになります。
慣れない人が束ねると、本物のブーケ職人が作ったように、「完全なる球面」にはならないかもしれません。でも、ちょっと凸凹ができても(画像のブーケにも凸凹はあります。よくご覧ください)、「およそ球面」にはなります。そうすると、見た人は大概感激して、
「ウエディングブーケみたいだね!」
くらいのことは言ってくれます。20本以上手に入ったら、お試しください。

家では、ブーケを手に持っていてもしょうがないので、花瓶に入れて飾ります。
最初は、こんな風に挿していました。(花瓶というか、チョーヤ梅酒の空き瓶ですけど)

でも、花の茎がチラチラ見えるのが気になり、後に透けない陶器花瓶に移しましたが……

ど~もこの花瓶だとやや太く、チョーヤ梅酒のサイズがベストであったなと思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。