開かずの箱を開けたら

2019年5月14日

道具部屋の、開かずの箱(10年近く中を確認していない)を開けてみたら、金魚石が発見されました。
……私、こんなのいつ買ったんだ?

しつこく記憶を探っていたら、どうも20年以上も前に、実家の近くのホームセンターで買ったんじゃないかということが思い出されました。
たしか、友達の絵の展覧会に花を添えることになって、そのときに「足隠し」に小石が必要になりました。家には、白一色の金魚石があったけど色が混じったものを使ってもいいのかな……と思って、画像の石を買って来たのだと思います。

画像の金魚石は、袋に印刷されているように、「五色石」です。白とか、緑、青っぽいのなど、各色入っているんです。
結局、「白」と「五色」を比較して、「白でいこう」となったのだと思います。

上の金魚石は、2キロもあり、「高級」で「天然」の「大理石」などと書いてあるので、よく知らない人は「いくらするの?」と思うでしょうが、所詮金魚鉢に放り込むものなので、ものすご~く安いです。多分……当時で200円とか300円じゃないでしょうか。
せっかく見つけましたし、どうせ安いものなので、うちの玄関に生けるときなどに使おうかと思います。

もう一つ、「謎の石」を見つけました。

これ、マジで何だろう。

なんか……寒水?

なんで、寒水があるんだ? しかも、ほんの一握り分くらい。
ぜんっぜん思い出せない。
少しだけど、袋に入れてあるので、「取っとこう」という意図が感じられます。何か実験するつもりだったのか? それにしても、どこからゲットしてきたんだ? サンプルとしてもらったのかな?