自分が使った花材事典:黒芽柳

2019年2月5日

赤芽柳とか、銀芽柳とかいうのもありますが、この柳は「黒芽柳」です。

柳はみんなそうですが、黒芽柳も、よく矯めが効きます。画像の柳は、矯めて使ったものを、まっすぐに伸ばして持ち帰ったものですので、何となくカーブがついています。

黒芽柳のポイントは、名前のとおりの「黒い芽」です。

「黒」と言っても、真っ黒ではなくて、いわゆる「黒赤」なんです。黒に近いような、濃い赤だと思ってください。
また、名前からは、この黒い部分が、「葉っぱの出てくる芽」と思われがちなんですが、本当は芽ではなくて、花が出てきます。

「花」と言っても、おしべが穂になって出てくるような花ですので、はなびらが開くような花ではありません。

私は、黒芽の花が、どうも好きになれません。
黄色い花粉の穂が、赤黒い中からびろ~んと出てくるので、黄色と黒赤が交じり合って、ちょっと「気持ち悪い系」なんです。
矯めの効く枝としては、非常によくこちらの意向を汲んでくれる枝なので、その点は嫌いではありません。