自分が使った花材事典:アスター(ローズレッド)

アスターは、好きな花材です。

切花のアスターは、色も、花の大きさも、枝のボリュームも、長さもいろいろです。たまに、
「なんか乱れてるなあ」
という印象のアスターがあり、あれはあまり好きじゃないのですが、そうでなければどんな品種でも大体好きです。
「大体好きです」なアスターを、今まで一度もアップしていなかった事実に驚いております……。

アスターの魅力は、やはりカワイイところだと思います。
花の形、葉の形などは、きわめて素朴な花です。もしかすると、雑草に近いかもしれないような菊の仲間です。そこに、ロマンチック系な可愛げが加えられていて、墓参りの花にも合えばウエディングブーケにも入れられるという、広大な縄張りを持っています。

私は、アスターは輪の小さいところが特に好きです。後から咲いてくるつぼみの儚さなど見ると、辛抱たまらなくなります。
アスターには、「小花」の持つ魅力が凝縮されているのかな、と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。