自分が使った花材事典:木苺

2019年5月29日

木苺、要するに、ラズベリーとかの仲間ですね。

あのー、正直言って、下の画像はあまり良い品物ではなかったです。

でも、安かったので、「値段なり」ということを考えるなら、このくらいで十分ともいえます。普通は、もうちょっと葉が茂ってるんですけどね……。木苺は、「葉物」として扱う花屋もあるくらいですから。

私は、木苺は好きなんです。すらっとした、伸びやかな線がいいですね。
しかし、小学生のころによく扱ったためか、勝手に「素人っぽい花材」と思っているところがあります。でもこれは、私だけの印象なのかもしれません。

花に詳しくない人に、「木苺を生ける」と言うと、「実がついてる木苺を生ける」のだと思われることが多いです。
たしかに、ブルーベリーやラズベリーの実っている枝ものもあるのですが、ただ単に「木苺」と言った場合、花業界では、この記事の画像のような状態の枝ものを指します。

↓実はついてませんが、つぼみはついてます。

ほとんどの木苺の切花には、上の画像のような大きさのつぼみがついてきます。
このつぼみは、パカパカ開くこともありますし、うつむいてしまって開かないこともあります。今回、この画像の品ものは開きませんでした。

開くと、本当にイチゴの花ですよ。白い一重の花が咲きます。
その花の後に実がついたためしは、一度も無いです。結実の力が無いというよりは、そこにいたるまえに死んじゃう、ということだと思います。