積木小:白(草月流花器)

2020年4月5日

※花器カテゴリは、管理人が自分の所有花器を管理するために作成しているものです。(何らかの方法で管理しないと、持っているのを忘れることがあるので)


こちらの花器→積木大・赤の色・サイズ違いです。

草月会館のショップで買いました。
この花器は、「積木大・赤」と同様に、正三角形の三角柱になっています。かなり小さくて、三角の一辺は約7cm、高さは約15cmです。この大きさは、「たっぷりめに花を入れられる小花瓶」としては優秀な大きさだと思うのですが、なにしろ「正三角形」が個性的過ぎて、一般の家庭で気軽に使える花器とは言えないと思います。

この正三角形、非常に曲者でして、角度が急なので、なんだか「さりげなく放り込んだ花」が似合いません。角度60度って、花瓶のフォルムの中にあるとこんなにとがってるんだなあと思い知らされます。
じゃあ、角のところじゃなくて、面のところを正面にしてみようかと思ってトライすると、ただの四角いベターっとした面の強さだけが目に付き、「強いのに面白くない」という、最悪の器に見えることもあります。

要するに、「ただの花瓶」として使うのは得策ではないのです。シンプルな幾何学美に呼応する花を発想して、それを生けるのがふさわしい器です。

と、はっきり分かっているにも関わらず、私はよくこの器に短く切ってしまった枝や花を適当に放り込みます。うちには、いつも「切ってしまって、今は使わないけど温存しておきたい花材」がありますし、そういうのを放り込みやすい大きさの器なんですよね~。

私は「積木シリーズ」の中で、なぜ自分はこの色・このサイズを買ったのだろうかと、今思い出してみようとしました。
私の記憶によれば、「積木シリーズ」は、サイズは大小の二種類、色は赤黄白の三種類ありました。

その中で、「白の小」を選ぶのってどうなんでしょう? なんだか、一番面白みの無いものを選んだような気がしないでもありません。
このあたりの記憶は、20年以上も前なのではっきりしないのですが……「大」を選ぶのは冒険だと思ったのではないでしょうか。
積木大・赤の画像を見てもらうと分かるように、この大型三角柱のインパクトは大きく、使いこなせるかどうか不安だったのかもしれません。それを、まずは「小」で試してみよう、くらいに考えたのではないでしょうか。白にしたのは、黄や赤の強烈な色を嫌った結果かもしれません。

私がこの花器を買ってしばらくしてから、「積木大・赤」がうちに来ることになりました。「もう使わない」という方からいただいたものです。赤が来ると知っていたなら、私は「赤・小」を買っていたと思いますが、未来予知などできない身なので仕方ありません。

しかし、さすがに同じシリーズで、サイズの違いも「高さ」のみの違いなので(三角の寸法は同じです)、組み合わせて使おうと思えば使えます。
 たとえば、こんな風にすると、

本当に積木を楽しく積んでいるような風情の作品にも仕上げられると思います。