自分が使った花材事典:アジサイ(水無月)

2018年9月30日

水無月と言うより、ピラミッドアジサイと言うほうが通りがいいような気もします。まあいわゆるハイドランジアですよね。……って、呼び方がめんどくさい!と思われたら、堂々と「アジサイ」と言い切ってください。

(デジカメの中から発掘してきた、10月下旬撮影の画像です)
アジサイの写真としては、撮り方が妙ですが……

実は、これは花のきれっぱしなんです。稽古場のゴミ箱から拾ってきました。(拾うのが得意♪)
特に、何に使おうと考えて拾ったわけではなく、ゴミ箱の中で、妙にきれいだったので、ただただ「勿体無い」という思いで拾ってきました。水無月は、ドライにするのが簡単なので、小さな花瓶で数日楽しみ、その後ドライにしよう、くらいのことを考えて拾ったと思います。

上の画像では、良く分からないですが、小さいきれっぱしながら、集めたら結構カサがあり、有効利用させていただきました。

一個一個の大きさはこのくらいです。


水無月は、ドライにしても、この繊細な色がきれいに残るので大好きです。
「拾った水無月」は、最終的にはほとんどをリースに使用しました。実は、そのリースの画像をクリスマス前にアップする予定だったのに間に合わず……今年の暮れまでストックしておくか、季節外れにもほどがある今(もう二月だよ!)記事にするか考え中です。