自分が使った花材事典:クジャクヒバ

2020年1月12日

好きなんだけど、いけるのが難しいなあと思っている花材です。

クジャクヒバ


クジャクヒバの色、好きなんですけどね。なんか、全体的な姿が、すごく「造園業の領域」な気がするのね。「生垣っぽい」とでも言いましょうか。(そんなこと言ったら、ヒノキ類なんてみんなそうなんですが)

私の好きな、クジャクヒバならではの「黄金色」は、新芽の部分に現れます。

クジャクヒバ

この色が、良い挿し色になります。「黄金色」が無かったら、もっと暗い印象の木になるのだと思います。

最近は、クジャクヒバというと、いけばな花材よりもリース素材としてメジャーになっている感があります。私も、今までに何度かリースやガーランドの素材に使っています。
画像のクジャクヒバも、稽古場では「いけばな」にしましたが、家に帰ったら再度いけばなする気力が無く、リースとガーランドに仕立ててしまいました。そのうち、その画像もアップする予定です。