自分が使った花材事典:烏瓜

烏瓜の実ではなく、つると葉です。

この烏瓜は、根と球根つきです。この記事で掘り上げた烏瓜を、水栽培で温存していて、それを花を生けるときに活用しています。

意外とかわいい葉っぱです。私は、自分で育てるまで、烏瓜の葉っぱの形を意識したことがありませんでした。烏瓜の花と実にばかり視線を奪われて、葉っぱは「見れども見ず」状態だったようです。

そして、葉っぱ以上にかわいいのが、くるくると巻いているヒゲです。

このヒゲが、縦横無尽に遊び、気がつくと周囲にあるものに、勝手に巻きついたりしています。

烏瓜は、巻きひげで何かにつかまり、遠くへ遠くへと伸びていきます。
ベランダの鉢で育てているものは、かなり大きくなっているので、そこから取ってくれば、もっと長いつるを生けることもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。