自分が使った花材事典:西瓜の花

この記事で、「切りました」と書いた西瓜のつるを、そのまま捨てるのも忍びないので、生けることにしました。

こんな風に切りました。

この蔓は、よくみるとキレイじゃない部分がありまして……。

茶色い部分がぽつぽつあります。主に、花の咲いた後ですが、葉っぱの一部・蔓の一部が枯れているところもあったりします。このような茶色い部分が付いていると、いけてもきれいじゃなかったりすることが多いです。

こういう部分は、全部とるときれいになります。下は、全部取った画像です。

大して変わらないでしょうよ、とお思いかもしれませんが、花瓶に挿したり、リビングに置いてすごく近くで見たりすると、茶色い部分はものすごく目だって良くない印象を振りまきます。

で、きれいにした西瓜の花ですが、蔓なので、自立してくれません。
何かにからませて立たせる、という方向も少し考えたものの、ただの剪定蔓だし、下垂するままに花瓶に放り込んで、自然に開いていくつぼみを楽しめばそれでいいや、ということにしました。

その結果、こんな感じで生けていました。

もしくは、こんな感じで。

西瓜の切花なんて、一体どのくらい持つものか分からずに挿しましたが、1週間ほどはピンピンしていました。

花は、計4つ咲いてくれました。かわいい花でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。