ポプリポマンダー

2020年4月19日

※花器カテゴリは、管理人が自分の所有花器を管理するために作成しているものです。(何らかの方法で管理しないと、持っているのを忘れることがあるので)


蓋付きのガラス容器ですが、よく見ると、本体に丸い窓が開いています。この容器は、ポプリポマンダー(ポプリ入れ)でして、この窓から香りが外に出てくるわけですね。

サイズは、手のひらに載る大きさです。ごく薄いガラスに、手書風のプリントが入っています。いくらだったか、すっかり忘れましたが、高いものではないです。

私は、これを、もともとは本来の目的で、つまりポプリ入れにしようと思って買いました。それも、柄違いで2つ買ったんです。一つは玄関、一つはキッチン、みたいな使い方をしようと思って。
しかし、実際には、一つを玄関の芳香剤入れにしてしまい、もう一つを「かわいいから、花生ける器にしちゃえ」ということにして、ポプリ入れにはたまにしか使っていません。

↓蓋を開けるとこんな感じ。

この器、ものっすごく薄くて、ちょっと力を入れたらパリンと割れそうです。
薄いがために、とても軽く、長いものを入れようとすると、簡単にひっくり返ります。丈の短いものを、ちょんちょん、と入れるのが、正しい使い方のような気がします。そして、水を入れるときには、あいている窓から水があふれないように注意が必要です。

いけばな的に考えると、「この窓を活用して、面白く生けられないか」と考えたいところですが、まだ面白い使い方を開発していません。大体、本式にいけばなを生けた後の余り物などを、ちょこちょこと生けるのに使っています。