「自分が使った バラ」の検索結果 150 件

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 101

夏のノバラなので、まだ青い実です。 私、ノバラは好きな花材です。丈があってあばれられるところと、色々ひねくっても面白いところがいいですね。 人が、「野バラの実」と聞いて想像するのは、赤い実の方が多いかもしれませんが、青い実は青い実でかわいいで ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 200

スプリンゲリーは、アスパラガスの仲間です。アスパラガスの種類では、以前にアスパラガス・メリーを紹介していますが、葉の様子などは、スプリンゲリーとよく似ています。 スプリンゲリーは、「アスパラガス・スプリンゲリー」というフルネームで呼ぶ人はあまり ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 182

アスパラガスの「メリー」です。(アスパラガスには、メリーのほかにも色々あります) アスパラには、繊細な線のものも多いですが、メリーはモコモコしています。そして、茎が細いわりに、下垂せずに、自立してくれます。あと、色がきれいなところもいいですね。 ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 035

多分、町の花屋さんで一番需要が多いのが赤バラではないでしょうか。 バラというのは、いけばなの稽古花ではあまり入らない方の花です。理由は、コストでしょうね。3本も入れたら、お稽古花代の半分以上をバラに取られてしまいます。 もうちょっと、花自体に寄 ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 111
ラッパ水仙は、シーズン中は毎年よく生けます。出回り時期は、冬~早春です。つまり、この画像は、早春に撮ったけど今まで忘れてたやつです……。 私が一番よく生けるラッパ水仙は、実は実家の庭で咲くやつだったりするのですが、画像のラ ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 142
花屋が書いてきた花材名が「猫目柳」だったので、そのままタイトルにしています。しかし、「猫目柳って何だろう?」と思っています。 私は今まで「猫目柳」というものは、扱ったことがありませんでした。いわゆる猫柳というのは、ふわふわの毛の穂 ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 175
この記事の菜の花は、スーパーの野菜コーナーで買ったものです。(花屋の菜の花は、すでにアップしています→菜の花) この菜の花は、生けるために買ったのではありません。お浸しかなんかにしようと思って買いました。しかし、咲いたら「切花菜の ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 056
七変化という、変わった名前の柳です。結構、人気があります。ピンク系の猫柳です。人気がある理由は、優しいピンクの色味だけでなく、「七変化」というネーミングにもあるんじゃないかと思っています。 七変化柳は、名前の通り変化します ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 056

細くて、頭が小さくて、すんごい踊っているアリウムです。 スタンダードな丹頂アリウムの線の細いやつ、ではなくて、別品種であることは、実物を見れば一目で分かります。クレイジービーンズの特徴は、頭の大きさ・茎の太さ(というか細さ)のバラ ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 117
アスターは大好きな花なので、今までにもアップしていますが、このアスターはほかのアスターと一緒にするのがためらわれます。それほど、ずばぬけた大輪です。 ちょー大輪です。私の手のひらほどもあります。 ↑一つの花のボリュー ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 058
なぜラメをつける? 一般的なレースフラワーに、ラメを付着させたものです。いやさ、だから、なぜラメをつける? ラメ要る? すき好んでラメ付き買って何を言う、と思われるでしょうが、これは私のセレクトではなく、あてがわれた花材に入 ...

自分が使った花材事典

Thumbnail of post image 085
季節外れですみません。 もちろん、最近生けたのではありません。秋のうちに生けたときの画像です。 キンモクセイは、切り花としては流通しません。花の命が短かく、あっという間に落ちてしまうからです。なので、このキンモクセイは買った ...