自分が使った花材事典:アイリス


アイリスは、もうちょっとありがたがられるべきじゃないのか!と思います。


アイリスはエライ!


アイリスは、見てのとおりアヤメの仲間です。安価で、店頭のサービス束や、仏花束にも入れられるような花です。安いお稽古花にもよく入ってきます。このように、「安くてありきたり」なために、どうも非常にバカにされている気配を私は感じますです。


しかし皆さん、よくお考えください。
アヤメ属の花で、ここまで安く、ここまで出回り時期が長い切花が、ほかにあるでしょうか! ひとっつもありませんよね。文字通り、ひとっつも無いんです。アイリスというのは、同属の競合相手がありません。
このように、家で何の気負いも無く飾れる、唯一のアヤメ属をもっと優遇せんかい!(シャガも結構気軽に飾れますが、あれは出回りがアイリスより短いですし、雑草みたいなものです)
ハナショウブもかきつばたも素晴らしいですが、アイリスも愛してやってください。

アヤメの皆さんは繊細です

アイリスは、長く楽しもうと思うなら、「ちょっと開きかけ」くらいの花を買うのがいいです。そして、開かないうちにどこかにぶつけたりしていじめちゃうと、花が開かないので気をつけましょう。
これは、ハナショウブでも同じことで、特にハナショウブの場合は、「一年に一度だ」と思って買ったものが開かないと残念さも一入ですので、ぜひともソフトに持ち運んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。