自分が使った花材事典:マーガレット

昔から全然変わらない、可憐な花です。
マーガレットってさすがに男性も知ってますよね? そうでもないのかな?

キク科の、特に高価でもなく、ありきたりと言えばありきたり。そして、分かり易くパカッと咲く花は、まるで子どものお絵かきみたい。
こういう花は、一歩間違えると、「超ダサイ花」になる危険性があるんですけど、マーガレットはそれを現在まで回避しています。何が優れての回避なのか、私にはよく分かりません。要するに、それがマーガレットの底力なのでしょう。

マーガレットは、安価なくせに、ブライダルもイケますからね。胡蝶蘭と渡り合える力があるってことです。

一本が枝分かれしているので、花束・アレンジにも使い易いです。
基本、強いんだけど、一回水を下げると復活し難いことがあるので注意しましょう。


上の画像は、花をポプリ用に摘み取ったときのものです。
花だけにすると、なんか作り物みたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。