自分が使った花材事典:パイナップルリリー

パイナップルではありません。パイナップルリリーです。

パイナップルリリーは、「リリー」ですから、ユリ科です。「えーー、ユリですか」という人がいると思いますが、茎などを見ると、なるほどユリ科なのだと分かります。

花の部分に寄ってみましょう。

花茎の頭に葉があるところが、ものすごくパイナップルっぽいです。

しかも、最近はこの花に「パイナップル」という名札をつけて売る店があるので、素人の方は、本当にパイナップルだと信じて買うことがあり得ると思います。

「なんでパイナップルなどと嘘を言うのか」と思われるかもしれませんが、花の名前、特に店頭での名前は、行ってみれば全部ニックネームみたいなものなので、「不当表示」には当たりません。
ちなみに、本物のパイナップルの、茎つきの小さな果実を、切花として売っていることもあり、こちらには当然「パイナップル」と名札が付きます。
それじゃわからんだろ!と思う方は、花そのものをよくみていない人ですね。パイナップルリリーの方は、果実ではなくて花の塊なので、ちょっと見れば分かることです。

パイナップルリリーの、短く切ったものを三本さしたら……

パイナップル三個盛りみたくなりましたとさ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。