自分が使った花材事典:コニカルブラック

私は、これをすぐに「ブラックコニカル」と言ってしまうんです。正しくは、「コニカルブラック」です。

「黒」というか、「濃すぎて、ほとんど黒になってしまった赤」と言うべき色です。このような、形も面白く、テカリのある黒い実物素材というのは、ほかにあまり無いので貴重です。
コニカルブラックは、そんなに高い値段でもないので、その点も優秀と言えます。


コニカルブラックは、カラシなんです

上の画像の、茎の部分を見てもらえば、ピンとくる人もいるでしょうが、これは唐辛子の仲間なんです。「そういえば、五色唐辛子の中にも、結構黒い実が付いてることがあるよね」と思い出した人もいると思います。

コニカルブラックは、観賞用の唐辛子の一つで、鼻を近づけてみると、ピーマンに良く似た香りがすることがあります。捨てるときに切ったりすると、「誰かピーマン買って来た?」みたいなにおいになることもあります。

一本のボリュームは、このくらいでした。

このくらいで、標準の実付きだと思います。

黒い実が、怪しくも魅力的

私は、唐辛子の枝の扱いが好きじゃないので、本当はコニカルブラックを扱うのも苦手なんですけど、黒という色は、あやし~い感じを出したいときに、大変役に立つので、たまに買ってしまいます。

コニカルブラックは、黒い色ですが、テカテカなので、沈まないところがいいですね。また、まん丸なので、楽しい感じに演出することも可能です。使いようで、色んな顔に作れると思います。

ここまで個性的な実だと、ただ一枝、グラスに放り込むだけでも様にはなります。

テカテカ具合が、パッと見「作り物かな?」とも見えますね。

色・形が面白いので、このままリースに付けられたらいいのにと思うのですが、10日くらいすると、実がシワシワになってくるので、あまりふさわしくはないです。ほんの1週間くらい持てば良いというなら、使っていみても良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。