自分が使った花材事典:ソケイ

しなやかな枝と、明るい黄色の花が特徴です。

半蔓くらいの枝です。立ち上がらせることもできるし、枝先を下垂させることもできます。

「ツルソケイ」という花もあって、そっちは本格的に蔓がひゅんひゅん伸びています。ものすごく暴れて大きな空間を作れるので、展覧会用の大作などによく使われます。

でも、今回の花材は、「ソケイ」のほうです。お稽古花なら、ソケイのほうが主流です。

この花をとっくりと見ると、「あ、あの人のご親戚だ」と分かります。ご親戚のかたは、すでに「自分が使った花材事典」にアップ済みです→ご親戚のハゴロモジャスミンさん
花だけでなく、葉の形、つぼみの形まで、全部そっくりです。

一つ一つの花の命は比較的短いです。しかし、つぼみが次々開いてきます。

花は、だめになるとポロポロ落ちるので、こまめに拾ってやりましょう。

なんか、花の写真ばっかり貼っちゃいましたけど……

ソケイの本当の魅力は、どっちかと言うとしなやかな枝の線のほうなんです。
線を伸び伸び出す写真よりも、花の顔の写真のほうが撮りやすかったもので……ちょっと失敗でした。(こういう失敗は後から気づくものである!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。