自分が使った花材事典:雪冠杉

2020年1月22日

雪冠杉という名前は、枝先が黄色いのが、「雪をかぶってるみたい」だからなのだろうと思います。

雪冠杉

枝先の色味のおかげで、色が沈みすぎず、しかも一本の枝の中で、変化が出るのがいいです。

雪冠杉は、クリスマス花材になる

雪冠杉は、もちろん純和風のいけばなにもできますが、暮れの頃には、アレンジメントのクリスマスの雰囲気を出すのによく使われます。
残念ながら、リースには使えません。水から離すと、葉先がすぐに茶色くなってきてしまいます。

雪冠杉

うちのお弟子さんたちに人気があるのは、雪冠杉で作る「なんちゃってクリスマスツリー」です。いずれ、本サイトのクリスマスコーナーに、画像をアップすると思います。