自分が使った花材事典:チューリップ(薄ピンク)

意外にもまだアップしていなかった、なんの変哲もないチューリップ。

ピンクのチューリップというのは、かわいいものですねえ。

商品としての花というものは、知られすぎたり、なじまれすぎたりすると、「ダサいもの」に転落することがあります。私は、チューリップがなぜその罠にはまらないでいられるのかがわかりません。
昔からある、
花に相当疎い人でも知ってる、
「見た目」も「名前」も認知されてる、
子供にも描ける、
結構安価で、身近に存在する、
こういう花が、えてしてダサい呼ばわりされる境遇になったりするものなんです。(人間が勝手に心変わりするだけで、花のせいではない!)

しかし、チューリップはずーーーっと愛されてます。愛されてるし、売れてます。素人にも、玄人にもです。実に、大した商品です。

チューリップの何が、私たちをそれほど魅了するのだろう? やっぱり、この愛らしさの勝利ということなのでしょうか。