自分が使った花材事典:ダリア(薄ピンク)

フラッシュ焚いてしまった……ゴメンナサイ。

ダリア 薄ピンク

自分が使った花材事典では、今までに7種類もダリアをアップしています。そのうちのほとんどが、大輪で迫力があるタイプの花です。
そういうのを見慣れたせいなのか、この画像のダリアは、やけに清楚な気がして、好感が持てました。

特に気に入ったのは、色です。
ダリア 薄ピンク
なーんか、儚げなんですわ。
しかも、茎が細くて、いい曲線のラインで、ますます柔らかな美しさを感じます。

このくらいの淡いピンクが、むしろ純白よりも清らかさを感じるな……と思いました。
ここまで「やさしさ要素」の集まったダリアって、なかなか無い気がします。大体ダリアは、色か、形か、大きさのうちのどれかに、大きな主張を感じるものが多いです。
小さいけど、真っ赤とか。
淡い黄色だけど、花弁があふれ出るような開き方とか。
そういうのも大好きなんですが、今回は、「清楚な美人」をお持ち帰りしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。