自分が使った花材事典:オンシジウム(シャリーベビー)

オンシジウムの一品種です。


長く下垂する枝に、小振りの花がたっぷりついています。

上の画像は、こんな風に垂れ下がらせて撮っています。

シャリーベビーは茶色の花です。正確に言うと、ピンク色を含んだような茶色です。

「茶色」だと言うと、「え~。そんな色?」という人はまだ居ます。しかし、実物を見てしまえば、この花の魅力はわかってもらえると思います。

「茶色の花=汚い色の花」というのは、今や偏見と言って良いと思います。実際に、出回っている切花で、茶色の花というのは、蘭も薔薇も、カラーもチューリップも、人に「華麗」と評される品種が多いのです。
このシャリーベビーも、長くしなやかな枝と個性的な色の花が、大変に華麗な印象を与えてくれます。アレンジや花束にこれ1本入れると、一気にグレードが上がります。

花屋にも、いけばな家にも魅力的な素材ですが、家庭に飾るとなると、「長すぎて、下垂しすぎて、扱いに困るかな……」という気がしないでもないです。
でも、気にせずに花瓶に無造作に挿すだけでも、飾ってみたら良いと思います。甘い、独特の香りも楽しむことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。