自分が使った花材事典:ユリ(オリエンタル系 ニンフ)

ニンフだ、って言われたから「ニンフ」でアップしていますが、ニンフにしてはピンクの面積大きすぎません……?

でも、伝票がニンフならニンフなんでしょう。

ということで、ニンフです。

この色合いは、私としては好きなタイプでして、生けられると嬉しいです。

しかも、この花は自分で買ったのではなく、花屋さんの提供品なので、ますます嬉しい。うふふふふ。

大きな花でした。

この手のゆりは、つぼみが全部開いてくれるので、最終的に大変ゴージャスな姿になります。


パッカリ開いた大きな花が、押し合いへし合いしている状況になります。

このユリは、花がだめになる直前まで、花形が崩れない良い子でした。
切花は、「咲きっぷり」も大事ですが、実は「枯れっぷり」も大事です。少し枯れる方向に進み始めただけで、だらしな~い形になっていくような花は、商業空間の現場では、あまり愛されなくなってしまうことが多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。