自分が使った花材事典:ドウダンツツジ(紅葉)

普通のドウダンはとっくにアップしていますが、今回は紅葉のドウダンです。

紅葉のドウダンは、緑のドウダンと比べて出回り数がずっと少ないです。

紅葉の期間は、緑の期間よりも少ないですし、紅葉は葉の持ちが悪いという特徴があるので、扱いが少ないのは当然ではあります。

紅葉した葉というのは、「私、落葉目前であります」という人たちなので、持ちがよいわけはありません。

それでも使ってしまうのは、やはりこの色合いの持つ魅力が大きいということなのでしょう。

当ブログでは、今迄に紅葉ヒペリカム木苺の紅葉楓の紅葉など、いくつかの紅葉花材をアップして来ましたが、その中でも、紅葉ドウダンは使いやすい方です。
画像のドウダンは、乾いた葉をつまみながらではありますが、4日くらいは持ちました。
とにかく一回は紅葉をいけたい、と思っている方には、ドウダンはふさわしい花材だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。