自分が使った花材事典:ダスティミラー

ダスティミラーは、意外にも初登場でした。

ダスティは、切花でも、鉢物でもおなじみの葉ものです。
すごく白っぽい葉なので、ダスティを葉ものとして使うと、全体が明るくなります。

「ダスティミラー」なんて、ガイジン的な名前になってますけど、一昔前は「白妙菊」という名称で呼ぶのが普通でした。白妙時代を知っている人間としては、「何をカッコイイ風にしておるのか」という感じです。

白妙菊というからには、この植物はキク科です。葉っぱを見れば、なるほどキクらしい葉っぱです。花もキク科らしい花ですが、切花で花つきのものが出てくることはあまりありません。
そして、申し訳ないのですが、私はダスティの花が嫌いです。もっとも嫌いなのは、咲く前のつぼみの状態でして、白い葉の中に白い茎が立ち上がって、白いつぼみがついているのを見るとゾッとします。
何をゾッとすることがある、と思われるでしょうが、私には、全体がなまっちろい特殊植物に見えます。なんか、マッドサイエンティストが作り出した風に見えて、気持ち悪いことこの上ないです。

葉ものとしては、大変お世話になってきたダスティに、「気持ち悪い」とか言って、申し訳ないと思っております。
ダスティには、特にブライダルの仕事でお世話になったことが多いので、「何年前の、あのときに使った」という、具体的な記憶が残っており、感謝の念も一入なのです。
葉っぱを一枚ずつにバラしてワイヤリングした記憶なんかもあるので、「ダスティと一緒に頑張った」ような気持ちも持っています。ありがとうダスティ!(でも花はキライだ)

ダスティ1本で、このくらいのボリュームです。

これを葉っぱ一枚ずつにしたら、結構な量になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。