薔薇の香りの

※旧ブログの記事です

ヤフーのニュースで、「薔薇の香りのトマトが開発された」との記事を読んだ。
イスラエルの種苗会社が開発したのだそうである。

イスラエルって、なぜか元気のいい種苗会社が多い。
以前、このブログでも書いたダンジガー社もイスラエルの会社である。

薔薇の香りのトマトというのは、はたしておいしいのか、面白いだけじゃないのか、と思ったら、試食した人の意見では「普通のよりおいしい」との意見が多かったそうな。

花の香りと言うのは、意外にくせもので、人によっては「化粧くさい」と感じることがある。(世の化粧品には、大抵花の香りが使われているから)それを食べることに、抵抗を覚える人も居る。
だから、私にいわせれば、花の香りよりも、フルーツの香りあたりが良いと思うのだ。桃の香りのトマトとかさ。
でも、フルーツじゃあインパクトが足りなくて薔薇になったんだろうか。
それならいっそ、色んな花の香りの野菜が出たら面白いのにね。
スミレの香りのキャベツとか、キンモクセイの香りのアスパラガスとか、クチナシのかおりのゴボウとかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。