自分が使った花材事典:ヒマワリ(黄芯)

真ん中が黄色いヒマワリです。
ヒマワリ(黄芯)
ヒマワリは、真ん中が茶色とは限らんのです。

このヒマワリは、顔が大きく、花弁もしっかりしていて、全体が輝く黄色だったので、夏らしいインパクトのあるヒマワリでした。

上の画像で、首元まで器にはまっているのは、茎をかなり短くしてしまったからです。

ホントは、こんなに長い足がありました。

こういうものを切るときは、私とて、一抹の「もったいなさ」を感じます。実際に、切ってから後悔することもいまだにあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。