ゴミを回収してまいりまして……

人が捨てるというゴミをもらってまいりまして……。
2017.05.01
これは、ハナショウブなんですが、実はすでに花を咲かせた後なんです。

上の画像は、花を摘み取った後でして、家に持って帰ってきたときはこんな状態でした。
↓ ↓ ↓

よく見ると分かるのですが、これはすでに終わりかけの花なのです。

このハナショウブは、某店舗の展示から引き上げられてきた花です。展示花なので、花が終わってきたら新しい花と取り替えられ、この花はゴミとなるところでした。
しかし、そこに貧乏人のワタクシが居合わせたため、
「それ、私にください」
ということになったのでした。

ゴミを持ち帰る理由は、一つしかありません。それは、「家で二番つぼみを楽しむこと」。
ご存知のように、アヤメの系統の花の多くは、最初の花が終わった後に、二番つぼみが開いてきます。(ミステリ好きの皆さんは、「戻り川心中」など思い出すように!)

ニ番つぼみを咲かせるのは、別に難しいことではなく、ただ花瓶に挿しておくだけ。
下の画像は、持ち帰って三日目の様子です。
2017.05.04
白い花弁が出てきました!

さらに、持ち帰って六日目の様子。
2017.05.07
ほら! どうよこれ! なんて美しい。
展示花のチェンジの現場では、この二番花を待たずに処分するというのは無理ないことと私も思います。そんなこと、やってる場合ではないのです。
しかし、家に飾るために買ったハナショウブなら、二番花を見ずして捨てるのは恐ろしくバッカバカしいことなのだということが、上の画像から分かると思います。
この美を無駄にして捨てます? お金、半分損してますけど!

はいご覧ください、このたおやか系美人の顔。

そして、清楚系美人の顔。

最初の花が終わったら、あとは「待ってるだけ」です。何にも難しくないです。ぜひお楽しみください。初会と裏でワンセットです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。