自分が使った花材事典:エリンジウム

エリンジウムは、切花花材としては知名度低いですね~。なんでだろ。珍しい花じゃないんだけど。

ちょっとチクチクした感じの質感。染めたみたいな青い色。苞の部分は、青と緑のリバーシブルみたいな色になってます。
個性的な姿のエリンジウムは、演出しだいでは、「怖い系」「気味悪い系」にも使えます。不思議と、クールに都会的にも、牧歌的にも、取り合わせによってはハデハデにも使える面白い花材です。

この花、わりとその辺の花屋さんに売ってますよ。画像のエリンジウムは、私が切り分けてしまったので、「一本に一花」になってますが、枝があって幅が出せるので、使いやすく、飾り易い花材です。

このエリンジウムは、丈が40cmくらいで、3~4本くらい脇枝の出ているボリュームのあるものでした。


この色、なかなか良くありません?
この色の苞が、ガバッと開いていると、迫力というか凄みがあります。存在感の大きい花材です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。