自分が使った花材事典:芍薬

豪華絢爛に見えるのに、意外に安く買える花材です。芍薬の季節には、もっと家庭で飾っていいとおもいます。品物にもよりますが、一本150円くらいで買えます。激安花屋なら、もっと安く買えることもあります。

上の画像の三本のうち、葉っぱが付いているのは、真ん中の一本だけです。
もちろん、葉っぱが無いやつは、私が取ってしまったわけです。別に取った方がいいというものではありませんが、作品によっては葉っぱが付いていると邪魔になります。

葉っぱがあると無いでは花材としての印象が大きく変わります。
比較しますと、こんなかんじですね。

芍薬の魅力は、なんと言っても「花の顔」です。

美人さんです……。

こんなに美人なだけで十分ですが、加工する道がないわけではありません。
芍薬は、少しだったら矯めて曲線に作ることができます。

使用前・使用後みたいにしてみますと、こうなります。

曲げられる限度は、茎の太さ、固さによって違いますので、ほぼ矯められないような芍薬もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。