自分が使った花材事典:ユリ(オリエンタル系 ソルボンヌ)

本サイトの移転計画はさておき、当ブログはとりあえず通常営業していこうと思います。

このユリの色合いが、私は好きなんです。

私、子供の頃にはスターガザールが一番好きでした。ピンク系の、迫力あるユリというのが好きなのかもしれません。

今までにも書いていますが、私は花弁が反り返ってグワッと咲くユリが好きです。なので、このユリは、私の好きな要素に満ちているということになります。

写真には撮りませんでしたが、このユリのつぼみは一つ残らず開きました。大満足です。

ところで、この手の色のユリとして、鹿の子ユリというやつがあります。花の形は違いますが、やはりピンク味が美しいユリです。
私の子供の頃からの疑問なんですけど、なぜ、鹿の子は切花で出回らないんです?
切花で売ってほしいなあ。私は買いますけど。あのユリ、弱いことなんかないですよね。十分切花で流通させられるはずだと思いますけど?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。