自分が使った花材事典:トルコキキョウ(チェリーピンク)

一重のトルコキキョウです。

最近のトルコは、ものすごくボリュームのある八重か、逆にかわいく一重か、どっちかのように思います。
トルコに限らず、花って、「作りこまれたデコラティブな品種」と、「いっそ原種に近いものを感じる可憐な品種」が同時にはやる傾向があります。結局、人間は、ある一つの傾向ばっかりじゃ嫌なんでしょうね。だからこそ、植物の品種改良も、いけばなの新たな形も、いつになっても際限なく生まれ続けるのでしょう。

私は、一重のトルコで、ペチャっとしている安っぽいやつが大嫌いなのですが、このトルコはそうではありませんでした。こういうのなら、喜んで生けます。(私の「安物トルコ嫌い」は、子供の頃のトラウマみたいなものです。お稽古花に入ってくる、グレードの激低いトルコを散々見てしまった結果です)

こういう、大人な色の花は、秋に似合いますね~。

こういう色の花は、実は小学生くらいの少女にも受けるんですよ。変に明るいピンクよりも、ニュアンスのある色が、子供さんは大好きです!
あまり大人の人が知らない事実ですけどね、少女の皆さんて、「マダム風」の花とかも大好きなのよね。あの好みを、もっと大人は汲んであげるべきかと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。