自分が使った花材事典:枝スイトピー(ピンク)

紫の枝ピーに続き、ピンクの枝ピーもアップしておきます。

スイトピーを枝ごと切るって、もしかして日本的発想なのかなあ。

花のところだけしかいりませんよね、という考えは、「基本的に、塊を作っていこう」としていた欧米の花飾りの考え方っぽいのではないかと……。

自立できないプランプランな長い枝なんて邪魔よね、と思うから、先だけ出荷してたわけでしょ?

これが、自立する枝だったら、もっと早くから長いまま出荷されてた気がする。
自立するなら、大型アレンジの「角」になれますからね。

でも、短めで扱いやすく、値段も抑えられたからこそ、現在のようにメジャーな切花の地位を得られたのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。