自分が使った花材事典:グラジオラス(ピンク)

意外にも、グラジオラスを一度もアップしていませんでした。

私は、業務上よく使う花材です。見たくもないくらい使いますねえ。
大型アレンジの「角」にするのに便利です。

しかし、グラジオって、皆さんにおなじみの花で、値段も安価なのに、言うほど売れないですよね。
長すぎるのか?
それか、カンナとかと一緒で、「庭で咲いてりゃ十分」な花なのでしょうか。

グラジオは、持ちも良いし、水揚げもあまり気を使わなくて大丈夫です。
でもね、上のつぼみまで全部咲くとは思わないでください。さすがに、てっぺんまではイケません。

咲かないことが分かっている人は、最初から花の頭を折ったりします。
↓こんな感じです。

左の花だけ、花の先を折りました。でも、おかしくないでしょ? 私は、40年近くも花業界の人をやってますが、頭を折り取ったグラジオを見て、「折れちゃってます!」と言われたことはありません。素人さんだと、気づきもしないですね。

↓単体で見るとこんな感じ。

実際は、上の画像よりも、もっと上まで咲きますので、こんなに短くすることはないです。しかし、これは生けるときの必然性で丈を詰めたので、こうなりました。

最後に、開花画像を貼っときます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。